アマゾンが「購入者がメールを拒否できる機能」を追加してから、
結構な数の販売者が評価依頼のメールを送るのをやめています。

  1. 評価依頼のメールを送る
  2. するとAmazonから「メールは送れませんでした」のメールが返ってくる。

これが繰り返されると(しかも大量のメールを送れば、大量にこのメールが返ってくる)、

「もうメールを送ることは無駄な作業」という気持ちになってくる。

そうして評価依頼のメールを送ることを辞めてしまうわけです。

代わりに、評価依頼の紙を商品と一緒に送る方法をとる人もいます。
ですがメールで送るのと比べると紙・インク代などのコストがかかってきますし、その割に効果がない(商品レビューが増えない、店の評価も増えない)と、やはり辞める方向にいきます。

、、、、

でも評価依頼のメールを送ることは今でも効果があります。
以前と同じか、それ以上に効果があると感じるときもあります。

もちろん商品によりますし、カテゴリーによっても良い評価を受けやすいかどうかは変わります。

しかもAmazonから「メールが送れませんでした」という返事はこない。

これに特別なテクニックはありません。

メールの件名と本文、そして送るタイミングを工夫しただけです。

最も大事なのは、件名に[重要]という文字を入れること。
これがあれば購入者にメールが届くようになります。

そして本文を読んだ時に、それが購入者にとって重要な内容であること、 がポイントです。

、、、、

いい評価(レビュー)が商品に入れば、やはり売れやすくなります。

評価依頼のメールを送るライバルが少なくなった今はむしろチャンス。

短期間でたくさんの高評価がつけば
「怪しい商品だと思う」と受け取る購入者は増えていますが、

普通にレビューが増えていく分には、そのようなことはありません。
本物のレビューならその文章も「胡散臭くない」リアルな意見に感じるものです。

ツールを使えばメールを送るのは簡単(自動化もできる)なので、手間はかかりません。

  • 商品自体に「売れる力」がある
  • 商品ページがしっかり作られている
  • 商品ページの印象と実際の商品でギャップがない
  • 評価依頼の件名・本文・送るタイミングが合っている

これらの条件が揃っていれば、自然と評価は増えていきます。

ツールは24時間、ノートパソコンを使って自動稼働させています。
Windows7でネットにつながれば、安いパソコンでも動きます。
今はオークションやメルカリなどで安く買えますからね。