ご存知のようにGmailはGoogleが提供するメールサービスです。

このGmailを外部のアプリケーション(ソフトウェア、ツール)から利用する場合に、メールが送信できない・受信できない不具合が発生することがあります。

Google側がセキュリティ対策を行っていることが原因でメールが送信受信できないケースがあります。
そのためGmailを使う場合には次のことに気をつけて下さい。

Gmail、Googleアカウントにはたまにログインする必要があります。
長期間ログインしていないと、自動的に使えなくなります。
そしてログイン時に、本人確認の手続きが必要になります。
Googleアカウントで「安全性の低いアプリの許可」を有効にする必要があります。

これまで使っていたパソコンを別の物にした場合、確認のメールがGmailに届くことがあります。
その場合、メールをよんで承認の手続きを行います。

Gmailを取得したときのパソコンが違う、以前使っていたGmailを使おうとした時もこれに該当します。