最近耳にした話「Amazonでの売上が下がってきている」、
これは私達もなんとなく感じていましたが、この話をきいて確信しました。

新しい商品を仕入れていかないと、売上は下がっていく。

そこで自然な流れとして「販路の拡大」を考えます。

楽天でしょうか?、魅力的ですがコストが高い。

ヤフーショッピングでしょうか?、Qoo10でしょうか?

、、、

それよりも気になるのは「メルカリでの商品販売」。

アマゾンよりも高値で売れるし、より多く売れる、

そんな声も耳にします。

しかしこんな話もききます

メルカリではアカウント停止になり、売上げの支払いもされない

そして、もう一つ

メルカリにお店は参加できない

、、、、

何がウワサで、何が真実なのか?

、、、、

真実というよりも事実は、

  • メルカリで多くのお店の人が販売しています。
  • 販売の仕方が悪くて、販売停止になっています。
  • 悪すぎると、売上が支払われません。

、、、、

メルカリでは、個人と個人の取引を基本にしています。

お店が販売する時のような
販売したいたいめにつくウソ」はほとんどなく、
信頼できる取引ができる、

を目指しているような気がします。

、、、、、

これを表わしているのが次のメルカリ関連の検索キーワードです。

メルカリ 業者 非表示

メルカリでほしい商品を探したい、
業者は信用できないので、業者の商品は表示してほくない

そんなメルカリ利用者の気持ちが出ている言葉ですね。

、、、、、

そして

Amazonの業績が下がり、
ヤフオクの市場よりもメルカリの方が大きくなった

という現状。

、、、、、

この事実から「消費者が何を求めているのか?」を考えると

メルカリでは「誠実な出品と対応」「個人による出品」が一番歓迎されているように思います。

、、、、、

これから考えられるのは、

お店がメルカリで販売するためには

ガンガン出品、ではなくて、

個人で出品する、ように行う

販売方法です。

、、、、、

でもビジネスとして商品を販売しているのなら、

「なるべくメルカリ販売で売上をあげたい」
でも
「手間はなるべくかけたくない」

と思うものです。

そこで自然と注目するのが「メルカリ自動出品ツール」。

自分の代わりに
自動でメルカリで出品と出品取り消しを繰り返してくれる「プログラム」。

これを使えば自分の手間は「コメントへの回答」と「出荷」だけ。

、、、、

、、、、

ここで問題になるのが

「ツールにかかるコスト」
「そのツールはどのように出品するのか」

ということ。

個人で出品するように行う=個人が自分の手持ちの品を出品するように行う、
のであれば、

大量に出品することは避けるべきでしょう。

ですが、今販売されているツールは

複数のメルカリのアカウントを持っていて
それらのアカウントで「ガンガン出品する」

ことをPRしています。

そしてその料金は結構な額になります。

、、、、

市販の「メルカリ自動出品ツール」の料金分を稼ぐためにも
たくさん出品しなければいけない

しかしメルカリはそのような出品を歓迎していない

、、、、

こうしたことを踏まえると

ビジネスとしてメルカリで販売するために必要なツールとは

  • なるべく安い料金
  • 1日に出品できる商品数は多くなくてよい
  • 複数のメルカリアカウントで出品する必要はない


こういう条件だと思います。


このように考えてアクセルツールズが開発したのが
カリメル」でした。

ですが、メルカリが2016年11月頃に規約を変更し

ツールを使うことは禁止と明記しました。

そのためカリメルの販売を停止し、様子をみることにしました。